NO08 麦の稼働施設では、平成29年産米に麦の混入が発生しないよう清掃の徹底を‼

 本年の水稲生育状況(6月30日時点)は、草丈は「コシヒカリ」、「秋の詩」ともに平年より短く、茎数は両品種ともに平年より多く、「コシヒカリ」は平年より約30%、「秋の詩」は平年より約20%多かった。
 葉数は両品種ともに平年並であり、本年の「コシヒカリ」の幼穂形成期は7月2日で、平年より3日早かった。(県農業技術振興センター「水稲生育診断情報NO3」より抜粋)
 また、本年産麦の荷受けを行った施設では、施設内の徹底した清掃を行い、麦が産米に絶対混入しないよう、大変暑い中非常に厳しい作業ですが、下記事項にご留意願い清掃をお願いします。

Ⅰ. 麦粒の混入防止について

1. 麦の荷受け稼働施設では、麦の残留がないよう徹底した清掃をお願いします。
  荷受けホッパー・搬送機(ベルトコンベアー・昇降機)・ビン・サイロ等は麦の残留の可能性が高いので、特に注意をして清掃をお願いします。

2. 生産者が麦の収穫・搬送に使用したコンバイン・フレコン等の清掃についても、周知徹底をお願いします。

Ⅱ. 施設稼働前の点検について

1. 老朽化施設では、機器が故障しても、メーカーに在庫が無い場合がありますので、事前の点検や前年産米の稼働・本年産麦稼働時での不具合箇所については必ず修理、修繕が必要です。

2. 各種計器類は、必ず精度を確認・調整してください。

Ⅲ. 水稲の今後の管理について

1. 適正な水管理《出穂前後各3週間の常時湛水》

 出穂期前後は、水稲の一生の中で最も多くの水を必要とする時期、水が不足すると稲が十分に光合成ができず、白未熟粒の発生や籾の充実不足が助長されます。また、湛水管理はカドミウムの吸収を抑制させることができます。したがって出穂前後各3週間は常時湛水管理とします。

2. 病害虫防除(7月4日発表の「病害虫発生予報第6号」より抜粋)
『葉いもち』(発生時期:やや遅、発生量:平年並)

① 今後病勢が進展するおそれがある場合は、薬剤を散布する。多肥田や遅植田、「コシヒカリ 」、「キヌヒカリ」、「秋の詩」、「滋賀羽二重糯」では特に発病しやすいので注意が必要です。
② 移植栽培では、いもち病に有効な長期持続型の薬剤を、は種同時施薬機を用いて土中施用したほ場では、葉いもち防除の必要性は低い。
③ 直は栽培では、いもち病に有効な長期持続型の薬剤をは種同時施薬機を用いて土中施用したほ場では、葉いもち防除の必要性は低い。
④ 耐性菌を生じやすいので、穂いもちの防除も考慮して同一グループ薬剤の連用を避ける。

『紋枯病』(発生時期:やや早、発生量:平年並)

① 前年の発生量は多かったので、多発したほ場は特に注意が必要です。
② 防除の目安は、極早生・早生品種では発病を認めた場合、中生・晩生品種では出穂20日前の発病株率が15~20%以上。
③ 病勢進展初期(幼穂形成期~穂ばらみ期)に株元までよくかかるように薬剤を散布する。

3.けい畔2回草刈りでカメムシ防除
『斑点米カメムシ類』(発生時期:やや早、発生量:やや多)

① 出穂2~3週間前と出穂期の2回の草刈りを行って下さい。
② けい畔でイネ科雑草の穂を出させないようにして下さい。
③ 地域で話し合い、一斉に実施するよう計画をして下さい。
2回草刈りでカメムシ防除を!!

         

お知らせ

大規模乾燥調製施設担当部課長及びオペレーター研修会の開催について

(平成29年産米関係)

日時:平成29年7月24日(月)13時30分~
場所:守山市ライズヴィル都賀山 5F ロータス

※ 平成29年産米の共同乾燥調製施設搬入について上記研修会を予定しております。
参加申込締め切りは過ぎましたが,当日出席頂いても結構ですので、是非参加を願います。